よかとこ リアルな福岡

地元視点の福岡情報から時事の話題、働き方等々種々の話題について思いを発信します。

超福岡 チャリチャリ 2020/09

f:id:Rover200:20200906114415j:plain

 

チャリチャリ
福岡市内の自転車シェアサービス
福岡市内ではポピュラーです!

今回から新シリーズとして”超福岡”というテーマで投稿したいと思います。
福岡市内のリアルで 新しいものから古いもの、メジャーなものからマイナーなものまで、色々なものをご紹介したいと思います。

 

”超福岡” その第一回目です。
トップの写真をご覧ください。
福岡市内を移動していると、よくこの赤い自転車を見かけます。
これがチャリチャリ 実は自転車のシェアサービスなんです。
その名はチャリチャリ 何かそのまんまままですね(笑)


元々2018年に福岡市内で試験的にメルチャリとしてスタートしました。
その後、運営会社が変わり、チャリチャリとして福岡の一つの移動手段としてすっかり定着しました。
今は名古屋市にも展開している様です。

 

福岡市在住の方も観光で訪問される方にもおすすめです。
現時点では、福岡市の中心部 天神と博多に展開しています。
今後、福岡市内の東西南部のエリアにも拡大が予定されているようです。

 

チャリチャリについては、以下のHPをご参照ください。

charichari.bike

 

また、チャリチャリは、福岡の「福岡スマートシェアサイクル事業」としても認められています。 
福岡市のお墨付きの事業でもあります。

www.city.fukuoka.lg.jp

 

福岡市の自転車事情

福岡市内を移動してると自転車で移動する人が非常に多いことに気づきます。
私も会社への通勤は自転車です。
福岡市内では自転車通勤はポピュラーな通勤手段なのです。
また、主婦の方の買い物も自転車が多いですし、自転車を移動手段にしているケースが福岡市内では多いのです。

 

その理由としては

福岡は街がコンパクト
福岡市内中心分は非常にコンパクトなので街中の主要な場所間の移動も自転車で済んでしまいます。
歩きだと躊躇しますが、自転車でちょうど良い距離です。

福岡市内は坂道が少ない
市内中央部は坂道がほとんどなく、フラットです。
坂道が無ければ、自転車で行くのは楽ですね。


こういう理由で福岡市内で自転車で移動してる人が非常に多いです。
自転車マナーには問題ありますが。。。

少し横道にそれました。
肝心のチャリチャリの話戻りますね。(汗)

チャリチャリの使い方

スマホさえあれば簡単です。
スマホアプリを下の公式サイトからダウンロードして、必要情報を登録します。
これで準備完了です。

charichari.bike

 

チャリチャリの自転車は福岡市内にあるポートと言われている場所にあります。

利用するには、
1.アプリで近くのポートを探します。
 トラブルを避ける為、乗る前に自転車の状態を確認しましょう。

2.サドルの後ろにあるQRコードで鍵を開ける。

3.目的地近くのポートに移動する。
 移動中は、アプリを終了しない様に注意してください。
4.自転車に鍵を掛ける。
 車体のロックを手動で掛け、ピッと音が鳴るのを確認しましょう。

これだけです。


f:id:Rover200:20200906115353j:plain

 

チャリチャリの料金

シンプルに1分間4円です。
福岡市内では20分も自転車で移動すれば、結構移動できます。
これで80円です。
お安いですね!

支払いは月末にまとめて、カードかコンビニ決裁で支払います。
とにかく簡単です!

 

チャリチャリはどこに有るのか

福岡市内には、ポートと言われるチャリチャリ自転車をとめる場所があります。
既に260ヶ所を超え、今後サービスエリアを天神、博多エリアから拡大するのに応じて約600ヶ所に増やす予定らしいです。

ポートは。コンビニ、ドラッグストア、福岡市の施設に併設されていることが多いです。
下の写真は福岡市美術館のポートです。

天神、博多でのポート数が増えたことで、チャリチャリは一気に普及した様です。

 

f:id:Rover200:20200906114411j:plain

 

チャリチャリは便利で、例えば飲み会の行きにチャリチャリで街中を移動。お酒を飲んだ帰りは別の手段で帰宅等ということが出来ます。
色々なシーンで活用できると思います。

 

以上、チャリチャリのご紹介でした。 

 

 

福岡ネタのリンクを貼りますね。
興味のある方はよろしくお願いします。

www.realfukuoka.com

  

www.realfukuoka.com

  

www.realfukuoka.com

 

では、また投稿します!