よかとこ リアルな福岡

自らの経験に基づいた地元視点の福岡情報から時事の話題、働き方等々種々の話題について思いを発信します。

『老人力』 迷惑老人へオマージュ

f:id:Rover200:20190611214320j:plain

 

唐突ですが、今回は『老人力』について考察したい思います!

 

仕事で老人とお話しする機会はありませんが、プライベートで飲みに行くと たまに老人を見かけます。

本当に色々な方がいるんですが、本当に人間の良く出来た大人から、本当に性質の悪い爺まで見かけます。(汗)
そこで後者について、批判を覚悟で観察して感じたことをまとめてみたいと思います。

 

老人には特別な力があります。
ここではそれを仮に『老人力』と呼びます。
性質の悪い爺は『老人力』の強い老人なのです。


『老人力』には、具体的には三種類あると考えています。


1.記憶できない(無記憶力)

2.責任取れない(無責任力)

3.反省できない(無反省力)

 


それぞれ簡単に説明しますね。

1.記憶できない(無記憶力)

自分がどんなにひんしゅくをかったとしても、後で全く覚えていません。全く分かっていません。


人に失礼なこと言って怒鳴りつけられても、何ら覚えていません。
彼らの脳みそには残量がほとんどはないのです。
忘れることは美徳なのです!

うらやましい!

 

2.責任が取れない(無責任力)

ただの老人なので社会的にも何ら権限がありません。
個人的にも責任を取れないでしょう。

だったら大人しくしてれば良いのにしゃしゃり出ます。


好き勝手やっていながら、何ら責任取れないなんて素敵。
そんな生活してみたいですね!

うらやましい!

 

3.反省できない(無反省力)

反省できないのか、しないのか私には正直わかりかねますが、彼らに反省という言葉は一切存在しません。


自分が悪いことやっても、悪いことと理解できません。
もうろくしているから、どうしようもありません。
何て都合良いんでしょうか!
うらやましい!

 

この3つが重なると強力です!

敵無しです!
(ボコボコにされるリスクはあります。)

 

彼らは好きでそうなった訳じゃ無いことは分かっています。

それでも黙って居られないのです。(笑)


私も日々老人への道を確実に進んでいます。
当初、この『老人力』を見習ってはいけないと自戒の念で書こうと思っていました。

しかし、改めて文章にしてみると、こういう迷惑な生き方が本人には幸せなのではと感じています。


今の世の中、『老人力』を発揮して、やりたい放題やって人に迷惑掛けまくって、死を迎えるのも良いんじゃないかと思います。
老人の特権です!

さて、みなさんはどちらの道を選びますか?
答えはありません。(笑)