よかとこ リアルな福岡

世間には福岡に関する情報があふれています。このブログでは、グルメ、イベント、文化等 地元視点でリアルな福岡の姿を紹介出来たらと思います。経験に基づいた福岡情報をメインに色々な思いを発信して行きます。

Quality of Life  人生を楽しむ為に その2

パリのカフェの画像

パリのカフェ

働き方改革!
掛け声を掛けても中々出来ないんですよね。
意識の違いは大きいですね。前回の続きです。
 

欧米のビジネスマンを見ていると余暇の使い方が上手いと感じます。
自然体でそうなので当人達は意識していないでしょう。
企業文化の違いなんでしょうね。


日本人に有りがちなのは、「急に時間が出来ても、何をして良いか分からない(汗)」という意見です。
家族との時間を持つなり、趣味に集中するなり、友人と酒を酌み交わすなり、自身のスキルを磨くなり、色々やることはあるはずなのですが。。。

 

英国人の知り合いは、地域のサッカーチームのコーチだったり、ボートレースのコーチだったりします。
仕事とは別のプライベートな素顔を持っているんですよね。(笑)
これって、大切なことだと思います。


自分のライフステージに合わせて、人生を楽しむ術を知っているのですね。多分、仕事じゃないプライベートタイムが、その人の素の姿なんでしょう。

 

欧米では、Quality of lifeという言葉が使われます。
生活の質ですね。これが重視されます。

単に収入が多くても人生を楽しめ無ければ、Quality of lifeは低いのです。


例えば、通勤時間が短いとかいう点も重要視されます。
以前、下記の投稿しましたが、私か住んでいる福岡では、通勤時間が平均して短いです。 1時間も掛けて通勤する人は非常に少ないです。

www.realfukuoka.com

 
私の場合、自転車でゆっくり行っても20分程度です。
Quality of life的には有利です。
人生を楽しむ為に限られた時間を有意義に使う。そういう視点が大切だと思います。
私は時間があると飲みに行くので、良い例じゃないですね。(汗)

 

時間は一つの例ですが、環境も重要です。
平日も週末も毎日人込みに紛れて行動し、コンクリートに囲まれた殺伐とした生活。そんな生活は嫌です。
郊外に出て自然を感じたり、色々な方法で リラックス出来る環境も大切です。
これもQuality of lifeを決める一つの要因ですね。

 

勤労は美徳という教えが日本では根強く、それはそれで誤ってはいないと思います。
しかし、今は、少し見直す時であると思います。
より良く生きる為には、Quality of lifeは、もっと意識されても良いと思います。
時間の使い方や生活する場所を変えるとか、Quality of lifeを改善する方法は色々とあり、すぐに着手できることです。

 

トップの写真は、多分「パリのカフェ」です。
本文とは直接関係はありません。(笑)

ブログランキングやっています。
1日1クリック応援いただければ何よりです!


にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 福岡(市)・博多情報へ